メイン

最後の儀式としての家族葬が増えています

昔からのしがらみに囚われない冠婚葬祭が増えてきました

banner時代が移り変わるように、冠婚葬祭のありかたも変化していきます。結婚にかんしても、少し前までは挙式をするのが当然のような風習がありました。現代は、もちろん昔からの式にこだわる人もいます。
しかし、式の内容も人それぞれに,変わってきました。海外で二人きりで挙式をかねて、新婚旅行にいく方も増えています。
今は、昔からの伝統にしばられない環境になり、個人の生き方が自由になり尊重される時代になりました。
ある程度のことなら、許される自由があります。

お葬式でも旧弊に囚われない発想や形式が生まれています

それは、お葬式にも言えることです。
こちらで紹介されている家族葬のお葬式のように、葬祭場を利用することが一般的になっています。
以前のように、自宅で葬儀をする方達の数は随分と減ってきているようです。
最近では、葬儀会社の式場を借りたり、大規模な葬祭場でお葬式をするのが一般的になってきました。
自宅でしないので、遺族もあまり準備もしなくても良く参列に来られる方も、式場が屋内のホールなので雨天時の心配もありません。

家族葬という形式が広まっています

いい事ばかりの、葬儀ですがただ一つ残念なことがあります。
それは、故人が一度も自宅に帰ることなく式場に安置されることです。
希望を言うと、お通夜は自宅で済ませて、葬儀のみを式場ですることも可能ですが、自宅の住宅事情もあり、難しいところです。
そんな故人の気持ちも考えられるのが、家族葬になります。

家族の負担という面からも受け入れられているようです

家族だけで、見送るのなら大きな祭壇やたくさんのお花は必要ありません。
それなら、自宅をすこし片付けたら、小さな祭壇とお花を飾ることが出来ます。
本当に、故人に深いゆかりのある方だけに知らせ、あとは家族でゆっくりと故人を見送ることが出来ます。
費用の点でも、あまりかからずに済み、遺族の負担も減らすことになります。
お金をかけないからと、言っても家族の気持ちはすごくこもっています。
知らない人がいない分、気を使うことなく故人に対してだけに思いを出せます。

Copyright(c) 2013 不思議な葬儀の世界 All Rights Reserved.