体験談:町屋斎場で体験した小さな家族葬

私が体験した家族葬の感想

私は実際に葬儀に行くまでは、家族葬について、テレビのコマーシャルでしか知りませんでした。
家族葬のイメージは本当に身内だけのひっそりとした簡易葬儀といいますか、私が当時子供だったからかもしれませんが、すごく貧相なお葬式なんだという思いで、あまりいい印象を持ってはいませんでした。
親戚の葬儀で初めて体験することになったとき、すごく慕っていた方の死に打ちひしがれていて、気持ちがよく整理できていませんでした。
まだ戸惑っていたのですが、まずは近くの町屋斎場での葬儀を選びました。
家族葬ということで数人で通夜になり、スタッフの親身な対応で安心して説明を聞くことが出来ました。

葬儀スタッフの配慮で安心できました

私が泣いていると、女性のスタッフが私のそばできめやかな心配りをしてくれていて、いつもならバタバタとあわただしく始まる葬儀の手順や、落ち着かない広い空間が、自宅で身内に話すように穏やかな雰囲気で進めることができたので、こんな葬儀もあるのかと、不思議な感覚でした。
知らない人とホールで会うこともなく、あまり大きな会場でもなかったので、静かな部屋で心を落ち着かせたり、身内の方と、亡くなった方の思い出話をしたり、写真を選んだりして、少し笑顔も出るようになりました。

小さな家族葬でしたが心がこもっていることが感じられました

プランはシンプルなものからオプションで盛大なものまでさまざまだったので、担当の方にいろいろな説明を受けながら、押し付けられることなく希望にそった式にしてもらいました。
葬儀の日に私は体調が悪かったのですが、私に優しい心遣いをしてくれたスタッフさん達には今でもすごくいい印象があって、式が終わるまで私のことまで心配していただきました。
初めての家族葬はとても素敵な式だったと私は思います。
亡くなった方のお式がしめやかに、温かい気持ちで送り出せたので、私はいつか自分の式もこんな風に親身な対応をしてくれる式であって欲しいと思いました。

Copyright(c) 2013 不思議な葬儀の世界 All Rights Reserved.